HOME > 眼のしくみと症状 > 眼底出血・網膜剥離

眼底出血・網膜剥離

このページではプロセス4の眼底に関係する症状・対処法についてご紹介します。

眼底出血・網膜剥離の症状と対処法

眼の瞳孔を外側から覗いてみたとします。水晶体、硝子体といった透明な組織の向こうに、一番奥底の器官が見えるはずです。ここが「眼底」です。この眼底に出血が起こることを眼底出血と呼びます。小さな出血では自覚症状はありませんが、出血が大きいと視野に黒い斑点が現れたり、小さな虫が飛んでいるように感じられたりする(飛蚊症)ことがあります。

さらに大きな出血は視力の低下、失明につながることもあります。独立した病気ではありません。つまり、原因となる体の他の部分の異常に伴って起きるものなのです。主な原因には、貧血、白血病、網膜靜脈閉塞症(高血圧、動脈硬化症などから引き起こされる)、糖尿病網膜症などが挙げられます。

眼底部分のうち、網膜はさらに薄い膜が重なりあうようにしてできています。なんらかの原因でこの部分が下の組織からはがれて、その上の硝子体の中に浮き上がった状態を網膜剥離と呼びます。加齢や外傷、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、網膜の腫瘍や炎症などがその原因となります。剥離の程度や場所によっては失明もありうる病気です。

眼底部分のうち、網膜の中心部分を黄斑部と呼びます。黄斑部には、視力を司る視細胞がたくさん集まっています。この部分が傷害されると、モノが歪んで見えたり、暗く中心が見えなくなったり、視力低下をおこしたりします。近年、加齢黄斑変性症といって、高齢の方に多いのはこの部分の病気です。

ここまで見てきたように、眼の病気は単に眼そのものだけでなく、体の各部位の異常を反映することも多いのです。逆からいえば、眼の状態を正しく把握することは、体全体の調子、他の病気の状態を理解することにつながります。網膜剥離、視神経疾患、糖尿病網膜症はもちろん、脳腫瘍、動脈硬化、高血圧症といった病気は、眼底の検査により発見されることもあります。定期的に眼科を訪れ、自分の視力、視野、眼圧などを日頃から知っておくことが、眼の、ひいては体全体の健康維持の第一歩といえるでしょう。

医療法人 川島眼科   〒701-0153 岡山県岡山市庭瀬223-1
電話番号:086-292-2121