白内障

このページではプロセス2の水晶体に関係する症状・対処法についてご紹介します。

白内障の症状と対処法

眼球のレンズ部分—もとは無色透明の水晶体に曇りや濁りが発生した状態が白内障です。曇りガラスの向こう側の景色を見ようとするのと同じで、視界がかすんだり、ぼけたりしてしまいます。

白内障の原因は、先天性のもの(先天性白内障)、ケガがもとでおこるもの(外傷性白内障)、あるいは眼や体のほかの部位の病気が引きがねとなるものなど様々ですが、最も多いのは加齢に伴って起こるもので、老人性白内障と呼ばれます。

はじめ、水晶体の濁りが比較的軽い時点では、視力の低下を感じないこともありますが、次第に進行するにつれて視力が悪くなったと自覚するようになり、さらには水晶体全体が濁って、水晶体の色は灰色になってしまします。

長年使い続けたモノが少しずつくたびれたり、すり減ったりするのと同じで、人間の目にも少しずつ濁りがたまってゆくのは当然のことです。しかし、この状態のまま放置すると、視力の低下や、あるいは他の病気の発見が遅れて失明へとつながることもありますから、適切な処置が必要です。

水晶体の濁りが比較的軽い時期には、薬によってある程度進行を抑えることができますが、現在では、水晶体を取り替える、すなわち濁ってしまったレンズのかわりに新品のレンズを調達する、手術を行うのが一般的です。

医療法人 川島眼科   〒701-0153 岡山県岡山市庭瀬223-1
電話番号:086-292-2121